病める無限の芸術の世界

芸術に言い訳する方法ばかり考えています。

Aaron Meskin 教授を招いたワークショップ

近々ですが、8月11日(なんと明日)の9時50分から、東大本郷にて、コミックの哲学やその他の美学的問題に取り組んでいる Aaron Meskin 教授を招いた国際ワークショップがあります。

基本情報は以下。

Workshop: Art & Mind
● 時間:2017年8月11日、9:50-18:00
● 場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館215教室
● 言語:英語

午前中は、Author meets Critics という、論文にコメントする形式の発表が二つあります。
僕はこちらに登壇して、複数的芸術作品と事例の関係をテクノロジーという観点から考えたりしてみます。
もう一つは、想像力に関する問題を林さんという科哲の方が扱います。

午後は、三つの研究発表。
宮園さんが想像力に関して、森さんが理想的鑑賞者について話します。
Meskin教授は、美的証言 aesthetic testimony に関して喋られるようです。

詳細は以下です。

Workshop: Art & Mind
● Date: 9:50-18:00, August 11, 2017
● Venue: Room 215, Hobun Buidling 1., University of Tokyo, Hongo Campus
● Language: English

Program
(1) 9:50 - 10:00 Opening Remarks

Author Meets Critics: Aaron Meskin

(2) 10:00 - 11:00 Keito Iwakiri​(University of Tokyo)
Multiplicity, Hybridity, and Historicity: Technology and Ontological Status of Artworks
[Target Papers]
● “Comics, prints and multiplicity” (with Roy Cook)
● “The ontology of comics”
● “Comics as literature?”

(3) 11:00 - 12:00 Yoshiyuki Hayashi​(Saitama Medical University)
Imagination and Its Limits
[Target Papers]
● “Imagination unblocked” (with J. M. Weinberg)
● “Puzzling over the imagination: Philosophical problems, architectural
solutions” (with J. M. Weinberg)


Talks

(4) 13:30 - 14:45 Kengo Miyazono​(Hiroshima University)
Experimental Psychology and Architecture of Imagination

(5) 15:00 - 16:15 Norihide Mori​(University of Tokyo)
How Do/Should We Access the Ideal Critics?

(6) 16:30 - 18:00 Aaron Meskin​(University of Leeds)
The Folk Theory of Aesthetic Testimony


Funding and Support
Heiwa Nakajima Foundation(2017年度平和中島財団外国人研究者等招致助成)
Department of Aesthetics, University of Tokyo

Organizer
Kengo Miyazono (Hiroshima University)
● miyazono[@]hiroshima-u.ac.jp