読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病める無限の芸術の世界

芸術に言い訳する方法ばかり考えています。

セオドア・グレイチック「言葉と一緒に、言葉を離れて:理解して聴取する」

cite.hatena-citation { display: none; }

Gracyk, T. 2013. On Music. NY: Routledge.
Routledge から出てる Thinking in Action シリーズの音楽本。
勉強会で読んでます。
今回は第二章で、音楽の理解に関する章。

On Music (Thinking in Action)

On Music (Thinking in Action)

 

今回読んだ論文は、"With and Without Words: Listening with Understanding"で、音楽の理解に関するものです。

  1. 無教育の知覚[unschooled perception]
  2. 純粋主義[purism]
  3. 言語と思考の交差地点[the intersection of language and thought]
  4. 事実知と方法知[knowing-that and knowing-how]
  5. 音楽の四つの次元[four dimensions of music]
  6. 歴史・様式・美的性質[history, style, aesthetic properties]
  7. 芸術としての音楽再訪[music is art, revisited]

ざくっと言うと、この論文は音楽を理解するといったときに、言語や概念が必要ですよと論じている。

前の章での、音楽と音楽的なもの[the musical]は区別されますよという話からつながっている。

話は基本的に純粋音楽[music alone]に限られていて、それは言語的な認識が挟まれると論点がややこしくなるから。

純粋音楽の聴取には純粋主義と呼ばれるものがあるが、それをグレイチックは二分する。

一つは、 音楽的要素だけ聴取すればよいですよという極端な純粋主義(というか形式主義)。

もう一つは、音楽的要素を聴取するためには、言語や概念による補助が必要ですよという穏健な純粋主義。

グレイチックは穏健な純粋主義で、様式としての性質や、どのように音が鳴っているのかを理解するためには、言語の補助が必要ですよという立場をとっている。

面白いなと思ったところは、音楽を四次元にわけてるところ。

  • 局所的な音楽的性質
  • 大規模な構造
  • 美的性質
  • 歴史関係

この四つに分けているんだけど、言語なしで理解できるのはひとつ目の局所的な音楽的性質だけだと言っている。

これはレヴィンソンが言う準聴取[quasi-hearing]の領域で、音が鳴っているとか、持続がどれくらいとかそういうレベルの知覚。せいぜい分かるのはメロディとか和音とか。

大規模な構造は、テーマや展開など。このレベル以上になると言語的な概念が必要になるよ〜と言っている。いわんや歴史関係をや。

次回の現音日は!

6月8日18時から芸大でやります。
この本の続きで、"Music and Emotion"というところです。
参加したい方がいれば連絡ください。