読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病める無限の芸術の世界

芸術に言い訳する方法ばかり考えています。

お役立ち情報

cite.hatena-citation { display: none; }

多分pdfで公開されてるんで僕がまとめても問題ないと思います。

 

芸大芸術学美学専攻入試問題

平成28年度

問題 1
下記の人名および事項について説明しなさい。(配点:各8点,計48点)
人名:インガルデン、エチエンヌ・スーリオ、ホガース
事項:構造主義、ヌーヴォー・レアリスム、制作学
問題 2
以下の 2 問のうち1問を選択して答えなさい。解答の最初に選択した問題番号を記 すこと。(配点:52点)
(1) 藝術の存在意義について述べなさい。
(2) 藝術について「無意識」の観点から論じなさい。

 

平成27年度
問題 1
下記の人名および事項について説明しなさい。(配点:各8点,計48点) 
人名:ディルタイ(W. Dilthey)、フライ(R. Fry)、クザン(V. Cousin)
事項:芸術意志(Kunstwollen)、真実らしさ、アンフォルメル
問題 2
以下の2問のうち1問を選択して答えなさい。解答の最初に選択した問題番号を記すこと。(配点:52点) 
(1)複数の媒体を用いる芸術において、各々の媒体の間にどんな関係があるか論じなさい。 
(2)コミュニケーションの観点から芸術について論じなさい。

 

平成26年度
問題 1
下記の人名および事項について説明しなさい。(配点:各8点,計48点)
人名:ディドロ、パノフスキー、今道友信
事項:ミメーシス、感情移入美学、iconic sign
問題 2
以下の 2 問のうち1問を選択して答えなさい。解答の最初に選択した問題番号を記すこと。(配点:52 点)
(1) 作者と作品の関係について論じなさい。
(2) 藝術作品の鑑賞において知覚と想像力はいかなる関係にあるかという問題について論じなさい。

 

平成25年度
問題 1
下記の人名および事項について説明しなさい。(配点:各8点,計48点)
人名:アリストテレス、シュライエルマハー、グリーンバーグ(Clement Greenberg)
事項:intentional fallacy、「象徴的藝術形式」、ミニマル・アート
問題 2
以下の 2 問のうち1問を選択して答えなさい。解答の最初に選択した問題番号を記すこと。(配点:52点)
(1) 藝術作品の道徳性について論じなさい。
(2) 藝術美と自然美の関係について論じなさい。

 

平成24年度
問題 1
下記の人名および事項の中からそれぞれ2つずつ選んで,それらについて説明しなさい。解答の最初に選択した人名または事項を記すこと。 (配点:各10点,計40点)
人名:デッソワール(M. Dessoir)、 トマス・アクィナス(Thomas Aquinas)、ハンスリック(E. Hanslick)
事項:解釈学的循環、美的距離、抽象衝動
問題 2
以下の 2 問のうち 1 問を選択して答えなさい。解答の最初に選択した問題番号を記すこと。(配点:60点)
(1) 「趣味については議論できない(De gustibus non est disputandum)」という成句について論じなさい。
(2) 藝術ジャンルの純粋性について論じなさい。

 

平成23年
問題 1

下記の人名および事項について説明しなさい。(配点:各10点,計40点)
人名:ゲーテ、バトゥー、バフチン(Bakhtin)
事項:iconology、本歌取り、付庸美(付随美)
問題 2
以下の2問のうち1問を選択して答えなさい。解答の最初に選択した問題番号を記すこと。(配点:60点) 
(1)藝術と現実の関係について論じなさい。 
(2)藝術における身体の意義について論じなさい。

 

人名は基本的に美学、美術批評、美術史、文学理論・解釈学あたりから満遍に出るようです。
芸術学科の美学なので、哲学的美学の色合いが強いということはなく、特殊芸術学と呼ばれるものに関する知識もそれなりに必要。

事項に関しては、哲学的美学に関するものの方が少ない。18世紀〜19世紀の美術史の大御所はちょっと押さえとかなきゃいけない。

記述に関しては、さすがに少し哲学的。だけど身体論とかコミュニケーション論みたいな要素もちょっとある。
基本的に美学の主要トピックについてそれなりにかけたら大丈夫そう。

全体として、やっぱり近代美学・美術史・美術批評については抑えておかないといけないっぽい。

僕は28年度入試(29年度入学予定者選抜)の院試を受ける予定なので、誰か藝大の美学志望の学部生とかいたら僕といっしょに院試勉強会をしましょう。
連絡先:keitoiwakiri@gmail.com