読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病める無限の芸術の世界

芸術に言い訳する方法ばかり考えています。

ケンダル・ウォルトン「芸術のカテゴリー」

cite.hatena-citation { display: none; }

Walton, K. 1970. "Categories of Art." The Philosophical Review, 79(3): 334-367

素晴らしい翻訳⇒K. Walton「芸術のカテゴリー」|morinorihide|note

芸術作品を評価・批評する際に、作品をつぶさに眺めさえすれば得られる作品それ自体の性質だけを知覚すればよいのか、それとも作品の来歴についても知らなければいけないのか、という疑問がある。
この論文で、ウォルトンは後者を支持し、その根拠として芸術はある正しいカテゴリーにおいて知覚されているということを論じる。

 

素晴らしい翻訳と解説が存在しているので、まとめはそこそこにやります。

d.hatena.ne.jp

 

 I. 導入 Introduction

我々は、作品の来歴にも注意を向けるべきだよーという話がされます。

II. 標準的性質、可変的性質、反標準的性質 Standard, Variable, Contra-Standard Properties

ある芸術作品は、知覚的に判別可能なカテゴリーにとっての標準的・可変的・反標準的な性質を持つ。

(A)また、ある芸術作品がどのような美的性質をもつと思われるのだろうか。
これは、その芸術作品からどのような非美的特徴を知覚するか、そしてそのどれが標準的・可変的・反標準的なのか、という点に依存する。

  • 標準的:これのおかげであるカテゴリーに属していることとなる
  • 可変的:これはそのカテゴリーに属しているかどうかについて無関係
  • 反標準的:これのせいであるカテゴリーには不適格になる傾向にある

また、ある芸術作品を特定のカテゴリーにおいて知覚するには、

・他にどのような芸術作品に親しんでいるのか
・その芸術作品について、批評家などがどのように言っているか
・その作品に出会った文脈

などが主な原因となる。

III. 知覚についての一つのポイント A Point about Perception

(A)を言い換えると、

  • 芸術作品を鑑賞する人がその芸術作品をどのカテゴリーのもとで知覚するか
  • そのカテゴリーにとって、どのような性質が標準的で、可変的で、反標準的かに依存する。

このようになる。

その後、ゲルニカ式とかその他面白い例がわんさと並べられて、最後に反標準的な特徴について語られる。

反標準的な特徴は、鑑賞者にショックを与え、その後以下のどちらかを引き起こす。

・その反標準的な特徴が標準的な特徴であるような、新しいカテゴリーが生まれる。
or
・その反標準的な特徴も一つの可変的特徴であるといった仕方で芸術のカテゴリーが拡張される。

IV. 真と偽 Truth and Falsity

ゲルニカ式の話などがあって、知覚すべきカテゴリーを決める仕方が語られる。
それは以下の点が重要である。

  1. 芸術作品がそのカテゴリーの標準的特徴を比較的多く持っていること
  2. 他のカテゴリーに属するものとして知覚されるより、そのカテゴリーに属するものとして知覚される方が、高い美的効果を与えること
  3. その作品をどのカテゴリーに属するものとして知覚されることを製作者が意図していたかということ
  4. 芸術作品が制作された社会において、そのカテゴリーが十分に確立しているかどうか

3⇒1, 2⇒4というふうに決めていけばよい。

しかし、芸術作品がどのカテゴリーのもとで知覚するのが正しいかは決定できない。

V. 結論 Conclusion

芸術作品の来歴を理解していないと、その芸術作品を正しく知覚することができないのは、芸術作品をどのカテゴリーで知覚するのが正しいのかがわからないから。

しかし、その正しいカテゴリーで知覚できるようになるには、認識だけでなくトレーニングが必要である。

 

ホントにざくっとまとめましたが、気になったところだけ。

標準的性質と来歴

Ⅳでやった通り、カテゴリーにおいて知覚するには、標準的性質の知覚が必要である。
それはわかる。
そして芸術作品を批評するのに来歴が必要なのもわかる。

だけど、Ⅳの条件にあげられていた標準的性質が来歴と関わっていなければならないということをもっと言わないと、それは言えないのではないかと思う。
Ⅲの(e)で少し語られているけれども、もっとそれを打ち出してよいはず。
Ⅰで、来歴は起源とも言うみたいなことがが言われているのでそう考えてもいいけれど、それを来歴一般とするのは少し微妙な気もする。

それなら、標準的性質の標準さが来歴と深く関わっているというふうに言ったほうがよいんじゃないかなーと思った。

 

*1

次回の鬼嫁会は!

9月9日13時から藝大図書館グループ演習室でやります。
文献は、Wimsatt, W., & Beardsley, M. 1946. "The Intentional Fallacy." The Sewanee Review, 54(3), 468-88.  です!
この超古典論文はあのアンソロジー*2に入ってないんですが、読まなきゃということでやることになりました。

批評・文学・音楽・美術などなど、すべてのジャンルの芸術に関する学問をやっている方が読んで損はないと思います(G. Scholar引用数1300くらい)。
新参加者をいつまでも募集しています。

連絡先:keitoiwakiri[at]gmail.com

詳細⇒分析美学鬼嫁会

*1:勉強会告知です。

*2:

 

Aesthetics and the Philosophy of Art: The Analytic Tradition: An Anthology (Blackwell Philosophy Anthologies)

Aesthetics and the Philosophy of Art: The Analytic Tradition: An Anthology (Blackwell Philosophy Anthologies)