病める無限の芸術の世界

芸術に言い訳する方法ばかり考えています。

分析美学

グッドマン『芸術の言語』トークショー:担当箇所と資料

グッドマン『芸術の言語』が発売された記念で、ブックフェアが行われています。詳しくは以下で。 新しい古典がやってくる!『芸術の言語』刊行記念フェア「グッドマン・リターンズ」特設サイト| 企画:慶應義塾大学出版会 協力:勁草書房 芸術の言語 作者: …

卒論を書いたことなど。

めっきりこのブログを放置している間に卒論が完成していました。 岩切啓人. 2016. 「複製可能な芸術形式とその基準——ネルソン・グッドマンの区別を再定義する」東京藝術大学美術学部卒業論文. 芸術作品の存在論です。分析系です。それも、ネルソン・グッドマ…

ご恵投:ネルソン・グッドマン『芸術の言語』戸澤義夫・松永伸司訳

慶應義塾大学出版会様より、ネルソン・グッドマン『芸術の言語』戸澤義夫・松永伸司訳を頂きました。皆様ありがとうございます。 慶應義塾大学出版会からネルソン・グッドマン『芸術の言語』戸澤義夫・松永伸司訳を頂きました。皆様ありがとうございます。僕…

カロル・タロン=ユゴン『美学への手引き』のグッドマンのところ

カロル・タロン=ユゴンの『美学への手引』(文庫クセジュ、2015年)のやつを読みました。まぁ読みやすさはあるけど、たぶん原著ではこれは「(任意の哲学ターム:例えば外延とか)」のことを言っとるんやろなーという語に一般的でない訳語があてられていたり…

アーロン・メスキン「コミックの存在論」

Meskin, Aaron. 2012. “The Ontology of Comics.” In The Art of Comics: A Philosophical Approach. eds. A. Meskin and R. T. Cook, 31–46. Oxford and Malden, MA: Wiley-Blackwell. 某読書会で読んだのであげときます。 メスキンとクックのコミック本の…

ジェロルド・レヴィンソン「音楽作品とは何か、再び」

Levinson, J. 2011/1990. "What a Musical Work Is, Again." In Music, Art, and Metaphysics, Oxford: Oxford University Press, 215-63. 長大な論文でした。分析美学にありがちな結論微修正系の論文。 Music, Art, and Metaphysics 作者: Jerrold Levinson…

モンロー・ビアズリー「意図の誤謬」

Wimsatt, W. K., & Beardsley, M. C. 1946. "The Intentional Fallacy." The Sewanee Review 54(3): 468-488. 元がこれで、初めはこれを読みました。けどまとめる際には以下に入ってるやつでまとめました。雑誌の方は結構無駄な例とかあって難解だったイメー…

デイヴィッド・キャリアー「ヴィンケルマンとペイター――美術史著述のふたつの様式」

Carrier, D. 1993. “Winckelmann and Pater: Two Styles of Art-Historical Writing.” In Principles of Art History Writing. Penn State Press. Principles of Art History Writing 作者: David Carrier 出版社/メーカー: Pennsylvania State Univ Pr 発売…

SEP:音楽哲学 第一章「音楽とは何か?」

SEPのPhilosophy of Musicの中の1. What Is Music?の訳出です。これも1日1時間くらいでぼちぼち始めます(12/21)*1。眠れないのでやってたら終わりました(12/22)。 SEP:音楽哲学の訳出リストまとめ第一章:音楽とは何か?(ココ)第二章:音楽の存在論 *1:…

SEP:音楽哲学 第二章「音楽の存在論」

SEPのPhilosophy of Musicの中の2. Musical Ontologyの訳出です。1日1時間くらいやります(12/14)。終わりました(12/16)。更新(2017/03/16) SEP:音楽哲学の訳出リストまとめ第一章:音楽とは何か?第二章:音楽の存在論(ココ)

素朴さとその整理――分析美学を特に

Twitterでdisられたので覚書を書くことにした。